病院や介護の職に就く方法|安定した収入を得たいなら医療事務がおすすめ|資格をゲットしよう

安定した収入を得たいなら医療事務がおすすめ|資格をゲットしよう

ウーマン

病院や介護の職に就く方法

勉強する婦人

目指す仕事内容で決める

医療関係の仕事に就く場合には資格が必要です。大きく分けると医療系と介護系に分かれるので、自分がどのような仕事をしたいのかを具体的に決めてから資格を目指す必要があります。医療系の代表的な資格が医師と看護師です。介護士系はヘルパーや介護福祉士やケアマネージャーです。例えば医師になるためには医学部のある大学へ行って国家資格を取得します。医療系の資格としては最も高度なものです。患者を治療するのですから、それだけ専門性が必要なのです。そうではなくて近所の介護施設で働きたい場合は、ヘルパーや介護福祉士の資格を目指します。ヘルパーなら働きながら目指すことができますし、比較的短期間の研修で資格を取ることができます。まず医療関係のどのような仕事をしたいのかを決めることが大事です。

幅広い選択が可能な看護師

日本は世界で最も高齢化が進んでいます。色々な介護事業が生まれていますが、それに伴って医療介護の資格を持っている人の需要が急増しています。最も幅広い職業選択ができるのが看護師の資格です。病院やクリニックなどの医療の仕事にも就けますし、介護事業の仕事にも就くことができます。医師ほど難関ではありませんが、看護師になるには大学や専門学校で勉強して国家資格を取得する必要があります。昼間は働いているから通えないと諦める必要はなく、働きながらでも看護師になることは可能です。看護師になるために最も効果的な方法は、准看護学校で夜勉強し、昼間は看護助手として働くことです。その他にも通信制で勉強するという方法もあります。国の制度も変わってきて、従来は10年の実務経験が必要でしたが、今は7年間の実務経験で可能となっています。